素人が建てた手作りの木の家―完成までの記録―

わが還暦への挑戦設計・施工・記録  simanto114

   ホームに戻る 


  掲載している小さな写真は、クリックすると拡大します。

掘Σ蛤遒蠅竜録


2006年8月、娘たちが・・・


   
 7月末から盆にかけて、奮闘する私の一人舞台は続く…真夏の太陽に背中を押されて・・・焼かれての間違いか・・・?
とにかくやってくる娘とその友人たち御一行様を何とか泊まれる状態に持っていかねばならないのだ。3枚目の板・・・外壁貼りを、はしごを上り下りしては一枚ずつ取り付けていく。
『結果とは一の積み重ねにあるものだ!』などと訳の分からぬことをつぶやきながら。

れれ

 写真は、娘たち御一行のやってくる前日あたりか。何とか目途がついて ホッとしているようにも見えるし、心なしか背中にまといつく憂いが見えるようにも思える…なんて。まあ一応やることはやったし後は、何とかなるだろう。 と植木等の世界に入っています。


 娘たち20数名がやってきた。まあ元気! 
ワイワイ、ガヤガヤ、アレヨアレヨの数日が過ぎた・・・・楽しいときはほんの一時、突然静かな夏が戻ってきた。見上げると、真っ青な空に白い雲、いつのまにやら漂う秋の気配・・・・感傷的になっているのは、やはり根を詰めた疲れからか・・・少し休息しよう・・・後で気がついた。娘たちの写真を1枚も撮っていないことに。


 2006年盆以降は、私の生活スタイルが変わる。左右の写真は近所の波止場で釣り上げたチヌ。

 30堕教蕕結構上がる。数年ぶりに釣りが復活した。仕事と遊び半々の暮らしに入る。



師走と「極楽とんぼの会」とカラスミ

   
 2006年もついに師走!遊び半分とは言え家もずいぶんと様になってきた。ベランダや玄関も出来、物置まで出来つつある。日進月歩を感じる。忘れていたが、この年の5月に大事な出来事があった。一つは子どもたちに
『還暦祝い』をしてもらったこと。
もう一つは初めてこの地に来たとき知り合った知人と偶然めぐり合い、聞くと最近近所に越してきたと言う。
再会を喜び
「極楽とんぼの会」を結成! 以来、魚釣り・きのこ狩り・その他共に遊びまわっている。


カラスミ(日本三大珍味)づくり

再開した釣りに新たに「ぼら釣り」が加わった。清水港のぼらは、秋から冬にかけて大きくなり80造鯆兇┐襪發里釣れることもある。餌と撒き餌は近くの漁師にただで貰える。

 ボラの卵からカラスミを作る方法を聞いたが誰も知らない。知人にインターネットで調べてもらい、それを参考に味付けその他工夫しながら試作品が出来た。試食してみるとまことに美味、大成功である。2007年からは大量製作に挑戦だ。うまくいけばお裾分けも…!?

 2006年もついに師走!・・・2005年初夏、意気揚々と四万十(当時は中村市)へ乗り込んできて早くも1年半が過ぎ去った。短いようでも色々なことがあった。

 最初の半年間はうだるような暑さの中でも心はルンルン!!
疲れが出てきた時期もあったが、唯一筋の家作りに遊びの要素が加わって心の余裕を感じられるようになった。 清流・四万十川は日本一の座を明け渡しても、結構悠々と流れている。まだきれいだ。河口に集う魚は多種多様、へぼ釣り師たちを楽しませてくれる。1辰鯆兇┐詬名なアカメも悠々と泳いでいるし、よく釣れる。四万十に抱かれつつ今年も暮れていきました。



苦節2年? ついに完成!(その1)


玄関は全て板張りに仕上げました

下駄箱の上の丸いものはスズメバチの巣

釣竿の保管棚も出来ました



2階の仕切り壁は竹で・・・少し風流かな

玄関の両側には花を植える予定です ベランダや縁側も完成



 2007年4月末日・・・1階、2階すべての部屋が完成しました。苦節2年と言うところだと思いますが、実のところ楽しんだ部分の方が圧倒的に多かった。老境に入りつつある時期の、 2年間のチャレンジ期間の持つ意味を、後でじっくりと考える時も来ると思います。未だ棚を付けたり細かいことは若干残っていますが後は追々仕上げていくつもりです。

 家の外部も塗装を終えると、しっとりと落ち着きが出てきました。素人が作った木の家・・・皆さんも一度けなしに(もちろん褒めてくれても構いませんが)来ませんか。




2008年11月16日登録  http://simanto114.ina-ka.com/

 

 

inserted by FC2 system